読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negitaku.org Blog

eスポーツ, FPS, ゲーミングデバイス情報を紹介するサイト『negitaku.org』管理者のブログです

海外ゲーマーとの交流

海外のゲーム情報を取り扱う『negitaku.org』というサイトをやっているので、 たまに海外のメーカーやゲーマーからメールやメッセージをもらったりします。

その中で、最近おもしろい人をちょっと紹介。

スロバキアのゲーマー

まずは、スロバキアSlovakia Tomo "treach" Nosaka。 彼はお母さんが日本人で、日本語は喋れるんだけど、 読み書きが苦手とのことで、がんばってつたない英語でチャットをしました。 彼は、『BIGLAN Socket2』に参加したことがあるそうで、 海外のEスポーツコミュニティサイト『SoGamed』で 『BIGLAN Socket2』の記事を書いたりしています。

「海外のゲーマーにインタビューしてくるけど、 negitaku.orgで掲載してもらえる?でも、日本語を書くのはちょっと苦手なんだ」 みたいな提案をしてもらったので、 「がんばって英語を翻訳するよ」と返事をしておきました。 はたして実現するでしょうか。

オランダのゲーマー

本サイトの方でたくさんコメントしてくれたりしているので、 ここを見ている人でも知っている人がいるかもしれません。 彼は、Netherlands Erik "technics" Veld。 ノルウェーのプロゲームチーム『Meetyourmakers』のサイトで記事を寄稿していたりします。 先日行われたESWCの特集記事では、ビデオインタビューに登場しています。

わかる人にはわかると思うのですけど、 インタビューしているのは世界的に有名なプロゲーマーばかり。 彼はいろいろな国の言葉を話せるそうです。ものすごく勤勉。 日本も大好きらしくて、普通に「moe」とか言ってきます。

でも、「Amuro Namie chan very moemoe!」というのは違うと思いました。 そして、彼が「very moe girl!」といって送ってくる写真は 大体セクシー系の女の子だったりするのです。 「moe」の説明をするのが難しいですね。

彼は僕がやっているラーメンブログも見ているようで、 チケット券売機を見て驚いていました。 ヨーロッパにはそういうものはないのだとか。おもしろいなあ。

こういう交流をしていると、英語で会話できないのが非常に