読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negitaku.org Blog

eスポーツ, FPS, ゲーミングデバイス情報を紹介するサイト『negitaku.org』管理者のブログです

『BIGLAN Socket6』に参加してきた~1日目~

大会・イベント

『BIGLAN Socket6』に参加してきた~1日目~

12月15~16日に東京・秋葉原にて開催されたLANゲームパーティ『BIGLAN Socket6』に参加してきた。

KOS.NGTKの関係者で BYOC に参加しよう、という話になったので初参加を決意。 いつもイベントの紹介はしているけど、ビジターばかりで BYOC には参加したことがなかった。

BYOC の準備

みんな IRC でまとまった時間に集まれない (そもそもチャンネルにいない人もいる)ので、Wiki に専用ページを作っていろいろと決めていった。 誰でも更新できるから非常に便利だった。

とりあえず、レンタカーで行くことになったので持ち運びについてはそれほど大掛かりな準備をしなくても良くなった。 PC Ark の紙袋に以前のエントリで書いたものをつめて(Steelpad QcK massも追加)、PC本体からコードを外して完了。

ニコニコを見ながら車を待つ

順番にピックアップしていくとのことで、自分の順番は予定で11時。 時間がなくて最近みていなかったニコニコの未消化動画を片っ端からみて時間をつぶしていた。 いろいろみたけどネタ的におもしろかったのはコレ。

そんなことはどうでもよくて、予想以上に道が混んでいるらしく到着が14時近くになるとの連絡。ひたすらニコニコを見たりしているうちに迎えが来た。

秋葉原で違反切符を切られる

メシ食うとか食わないとかいっているうちに大都会千葉から秋葉原に到着し、中央通を右折した時に事件は起きた。 後ろからなにやらスピーがで呼びかける声が。 停車してみるとどうみても警察官です。 どうやら右折禁止のところを曲がったらしく、違反切符を切られてしまった。 -7000円 & -2ポイント & ゴールド消滅というおそろしいコンボ。 なにやら申し訳ない気持ちでテンションが若干さがりました。Leiさんすいません。

PCセットアップ

BYOCエリア15時くらいから会場入り。 メインステージあたりにものすごい人がいてPCを持って進むことが出来ない。 このあたりでたくさんの人に声をかけられた。 ようやく BYOC の席に到着。「KOS.NGTK KANKAN BYOS予約席」と貼紙がしてあってうけた。 先に来たメンバーが場所をとってくれていたみたい。

その後はPCをセットアップするも、電源コードがなかったりモニタのコネクタ形状が合わなかったりしていろいろ面倒なことに。 周りでもケーブルもってきていない人がいたので、勤務先に行って(すぐ近く)電源ケーブル4本と電源コネクタRealForceを持ってきた。

Yossyいつもイベント後に「どこにいたんですか?」と言われるので見やすい名前入りの貼紙を作ってきてPC上部に貼り付けた。 運営サイドの方で、ネームプレートを用意してくれていたけど、字が小さすぎてあまり用をなしていないのが正直なところ。 首から提げるBYOCの参加証も同様でフォントが小さい。

普段はネットでしか出会わない人が実際に会うわけなので、これがあの人だとすぐにわかるよう、もっとフォントを大きくして欲しいと思った。 キレイな印刷でなくてマジックで書くというのでもいいと思う。 いろいろ話をしたい人はいたけど、どれがその人なのかわからずお会いできなかった人が多数。もったいない。

簡単にセットアップしたあと、朝7時から車を運転していてメシを食っていないということで、UDX 4Fの『ゆかり』でお好み焼き。 ゲームしていないまま時間は17時くらいになろうとしていた。

BYOCでゲーム開始

セントリー17時すぎくらいからゲームを開始。 もちろんプレーするのは『Team Fortress 2』。スパナを振り回したりカッビーンしまくり。 なぜかLANにサーバーがないので、「秘密基地でやろう」と誘って6人くらいでプレーしていたら「BIGLAN」をネームにつけたプレーヤーが次々とジョインしてきて24人中18人くらいがBIGLANネームをつけているプレーヤーになった。 LANバーティ会場からオンラインサーバーに参加者が多数接続するという奇妙な状態に。 しばらくして「LANでやりましょう」という呼びかけがあってLANサーバーが建てられた。 マックス20人だけで一瞬にして埋まって、待ちが出るくらいの大盛況。

LDの人たちが叫びまくりで楽しそうだった。 喋っては見るものの、他のところでイベントをやっていたりBGM流れまくりでゲームやボイスの音がほとんど聞こえなかった。 それでも奇妙な一体感があっておもしろかったけど。

1日目終了

世界の山ちゃん20時から忘年会的なカンジで飯を食うことになっていたので、1日目はそんな感じで19時15分くらいにゲーム終了。 予約しておいたのにあいつらは「抽選会終わってから行くわ」ということで15人予約のところ定刻どおりに会場に着いたのは2人だけだった。 しょうがないので予約を20分ずらして、20時15分くらいについたら「ブンブンさんが時間通りに着たけど誰もいなかったらしいのでお茶して時間つぶしているそうです」と抽選会場から電話が。 ブンブンさんが時間通りにいるっていうのが違和感あってフイタ。

14人くらいで異常な量の手羽先を消費して1日目終了。おつかれさまです。

2日目はゲームした後とかに書きます。