読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negitaku.org Blog

eスポーツ, FPS, ゲーミングデバイス情報を紹介するサイト『negitaku.org』管理者のブログです

プレースタイルが合うクラスと合わないクラス

プレースタイルが合うクラスと合わないクラス

Team Fortress 2』には、9つのオフェンス・ディフェンス・サポートそれぞれの特性を持った9つのクラスが用意されています。

9つもあると、自分のプレースタイルに合うクラスと合わないクラスというものが出てきます。 せっかく統計ページがあるので、これまでのプレー履歴からクラスの嗜好をみてみます。

Team Fortress 2 Statsでみるクラスの使用率

Team Fortress 2 Stats』を見てみると現在のプレー時間は以下の通り。

  1. 35.3時間 : Medic
  2. 21.0時間 : Sniper
  3. 14.7時間 : Engineer
  4. 08.3時間 : Soldier
  5. 05.3時間 : Heavy
  6. 02.6時間 : Demoman
  7. 02.4時間 : Pyro
  8. 01.0時間 : Scout
  9. 00.9時間 : Spy

圧倒的にMedic率が高いです。

それぞれのクラスの感想

それぞれのクラスの感想を書いてみます。

Medic

性格的に、Medicは最適なクラス。 攻守ともに参加できるのがGood。 長時間やっているので、回復の仕方・判断、チャージの使用のタイミングなど常識的レベル以上にはできていると思います。 ちゃんと回復させていればチームは勝つ確率が高くなるし、フラグもおこぼれでもらえるので楽しいですね。

Sniper

中盤より上のラインでの狙撃というのがどのFPSでも好きなので、TF2でも同様なカンジ。 Counter-Strikeでのスナイプ・テクニックがほぼそのまま使えるので過去の遺産でなんとかなります。 Sniperが有利なマップでよく遊んでいます。

Engineer

チームがありがたいと思える設置がいまだにできていません。 人の真似をしていろいろ試しているけど満足できないレベル。 Spyにすぐ壊されてしまうので何とかしたい。どうしたらいいのだろう。 いろいろと研究中。

Soldier

Quakerなのでロケランは自信アリ。 Soldierは、どこでもロケジャンしてナンボのクラスなのでMedicのサポートがあるとフラグが伸びるけど、それがないとキツイ。 2手先くらいを読んでのロケラン撃ちが楽しい。

Heavy

これもMedicのサポートありきで楽しい。 Heavyは倒せて当たり前と思っているので、使っていて倒せないと猛烈に申し訳なくなります。

Demoman

うまく使えたら、と思うけど性格的に向いていません。 グレネードジャンプで消費するヘルスと、うまみが一致していない印象もあり。 待つのがあまり好きではないのでSticky巻きながら特攻して終わりみたいなカンジが多いです。

Pyro

とりあえずタイミングよく火炎放射器で突撃して、そのあとショットガン、みたいなパターンばかりで飽きてしまいます。 近寄ればあとはそれなりになんとかなってしまうのもあまり面白くないんですよね。

Scout

ホイール下がジャンプになっているので、ダブルジャンプがしにくいです。 ダブルジャンプがうまく使えない時点でやる意味がないし、前にすさまじくうまいScoutの動きを見てこれはマネできないと思ったのでやる気がしません。 ショットガンでチマチマ撃っているのも何か性にあわないし…。

Spy

これも使いどころが難しいのと、やはりチマチマしたカンジが性格的に合わない。 練習しよう、と思ってやってもすぐにやめてしまいます。

個人的には、プレー時間上位の4クラスを中心にこれからもやっていくと思います。

本日は、6時おきで親戚の結婚式に出席していてあまり考えて書く時間がないのでこんなカンジで。 文章量的には書いた気がしますけど。