読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negitaku.org Blog

eスポーツ, FPS, ゲーミングデバイス情報を紹介するサイト『negitaku.org』管理者のブログです

『Heroes of Newerth』を購入

Heroes of NewerthHeroes of Newerth』を購入してみた。

現在は、オープンベータテストが行われており誰でも無料でプレーすることができる状態です。 EST の 5 月 12 日 16 時(日本だと 13 日 6 時)にオープンベータが終了となり、以降はアカウントを購入したユーザー以外はプレーできなくなってしまいます。

ちょっとやってみようかという気になってローカルで 2 回ほどやっただけなのだけど、オープンベータテストが終了してしまうと練習する事ができなくなるので購入してみた次第です。

詳しい購入の動機や、これまでにやろうと思わなかった理由などを以下に。

購入しようと思った理由

  1. TwitterIRC でおもしろいという話題をよく目にしていた
  2. DotA 系タイトルに勢いがあるように感じる
  3. 将来有望っぽいタイトルなので、開発費用の足しになれば

1. TwitterIRC でおもしろいという話題をよく目にしていた

これが一番の理由。 知っている人が絶賛しているとプレーしてみたくなります。 結構な数の人が HoN をやっているようなので、一緒にプレーしてもらえる可能性が高そう。

2. DotA 系タイトルに勢いがあるように感じる

本家『Defense of the Ancients(DotA)』は今年開催される『Electronic Sports World Cup(ESWC)』の公式競技タイトル。

その他にも 『Intel Extreme Masters Season IV』 Global Challenge Chengdu や 『World Cyber Games Asian Championships 2009』といった様々な国際大会でも過去に採用されていたりします。

ゲーミングデバイスメーカーの『Razer』は Riot Games が展開する DotA クローン『League of Legends』と提携キャンペーンを実施していたり、DotA のオンライントーナメント大会『DotA Razer Global Challenge』に $30,000 の賞金を提供をしていたりと、DotA 系ゲームのサポートに力を入れています。

同じくゲーミングデバイスメーカーの『SteelSeries』も GosuGamers と賞金総額 $40,000 の『SteelSeries HoN World Cup』の開催を発表しました。

また、韓国 eスポーツ協会(KeSPA)は DotA クローンの『Avalon Online』を公式種目として認定しているそうです

Valve に至っては、『DotA』のクリエイターである IceFrog 氏を社員として雇用しており、近々何らかのアナウンスをする予定であることを明らかにしています

DotA は動作させるために WarcraftIII が必要となるわけだけど、こうなってくると Valve と共にスタンドアローンのゲームとして展開していくのではないかというのは誰もが想像できるところ。

最近では『Heroes of Newerth』が240万人以上が使用するというクライアント『Garena』と提携してアジアの特定地域で無料プレーが可能になるという情報を教えていただきました

ということで、DotA 系ゲームはそろそろ勉強しておいた方が良さそうと思い、 HoN をやってみようと思ったわけです。

3. 開発費用の足しになれば

これは個人的な考え方だけど、いいものを作っているところや応援したいものにはお金を払いたいという気持ちがあります。 また、ゲームはお金を払ってプレーしたいと思っているのも理由の一つ。

Quake シリーズはこれまでかなりの時間をプレーしているけど、無料の Quake Live はほとんどプレーしていません。Counter-Strike Online も同様で全然やっていない状態です。

個人的に、ゲームはお金を払ってプレーしたいと思っているので、今回『Heroes of Newerth』を購入してみたというわけてず。

DotA系タイトルをこれまでやろうと思わなかった理由

  1. 覚えることが多く敷居が高い
  2. 素人は罵倒されるという話を聞いて

1. 覚えることが多く敷居が高い

DotA 系はかなりの情報を把握しなくてはならないので、入門サイトを見た時にその量に圧倒されてしまい「こんなに覚えている時間はないな」と思いやる気がしなくなってしまいました。 やっているうちに覚えていくのは間違いないのだけど、とっかかりとしてここはかなりネックでした。

2. 素人は罵倒されるという話を聞いて

これは、なんのゲームでもそうでしょうけど。 HoN の場合は罵倒されてナンボみたいな感じでネタとして話されている影響もあるからかこの話題を目にすることが多いです。 そのせいか、わかってないヤツがやると怒られるみたいなイメージがとにかく強いです。

ここは自分以外の人でも、興味はあるけどプレーするのは怖いなというようなことになっている部分ではないかと思います。 実際やってみると。そこまでひどい中傷をされることはないのですが、先入観のせいで初心者を遠ざける一因になっていると思います。

自分はかなりのラーメン好きだけど、ルール等にうるさい二郎へ行くがしないのに似ている気がします(行ってみたい気持ちはすごくあるのですが)。

まあいろいろと書いてきたわけですが、 一緒にプレーする機会がありましたらよろしくお願いいたします。